インストーラーがWindows Defender SmartScreenによって実行できない場合の設定変更方法

Windows 10でWindows Defender SmartScreenの設定を変更するには、

以下の操作手順を行ってください。

1.「スタート」→「設定」(設定)の順にクリックします。
  2018-08-19.png

2.「設定」が表示されたら、「更新とセキュリティ」をクリックします。
  「更新とセキュリティ」をクリックします

3.「更新とセキュリティ」が表示されたら、画面左側から「Windows Defender」をクリックし、

   「Windows Defenderセキュリティセンターを開きます」をクリックします。
  「Windows Defender」をクリックし、「Windows Defenderセキュリティセンターを開きます」をクリックします

4.「Windows Defenderセキュリティセンター」が表示されます。
  「アプリとブラウザーコントロール」をクリックます。
  「アプリとブラウザーコントロール」をクリックます

5.「アプリとブラウザーコントロール」が表示されます。
「アプリとファイルの確認」、「Microsoft EdgeのSmartScreen」、「WindowsストアアプリのSmartScreen」欄から、任意の項目をクリックます。
ここでは例として、すべて「警告」をクリックします。
  「アプリとファイルの確認」、「Microsoft EdgeのSmartScreen」、「WindowsストアアプリのSmartScreen」欄から、「警告」または「オフ」をクリックます

■補足

① アプリとファイルの確認
アプリやドライバーなどを初めて起動する際などに、安全かどうかを判断します。
インストールや起動ができない場合は、この項目を「オフ」に設定します。
また、アプリを起動する際にインターネットに接続していない場合は、安全性が確認できないことを警告します。

② Microsoft EdgeのSmartScreen
ブラウザーでWebページを閲覧している際に、悪意のあるサイトやダウンロードからパソコンを保護します。

③ WindowsストアアプリのSmartScreen
WindowsストアアプリがWebページにアクセスする際に、パソコンを保護します。

「ユーザーアカウント制御」が表示された場合は、「はい」をクリックします。
  「ユーザーアカウント制御」が表示された場合は、「はい」をクリックします

 

※ アプリとブラウザーコントロールの項目を一時的に「オフ」に変更した場合は、設定を元に戻すことを推奨します。

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています